私が考える応援精神

応援とは文字通り「援けに応える」ことであり、英語ではsupport(支援する)とかcheer(元気づける)でしょうか。

応援とは、困っている人を支援することであり元気づけることです。

⒈東大応援部の3S-spirits
(1)service(奉仕)
(2)sacrifice(自己犠牲)
(3)study(勉学)

⒉Map(南青山ビジネスパートナーズ)のphilosophy
(1)service(社会貢献)
(2)sacrifice(活私奉公)
(3)study(人間修養)

⒊OUEN Japanの3つの理念
(1)support(支援する)
(2)strengthen(力づける)
(3)sustain(屈することなく応援し続ける)

全て応援=OUENの想いがあります。すなわち「世のため人のために尽くす」ことです。それは「困った人に恵んでやる」という上から目線の一方向的な行為ではなく、あくまでも対等で双方向的な関係です。
応援は応援する人も応援される人から「感謝」という無形の返礼をいただいています。それはお布施をする人が「お布施をさせていただいてありがとうございます」と感謝の言葉を発するのと同様です。実に哲学的な関係です。

東大応援部31年卒部の中島清成さんは東大応援部の精神として3S-spiritsをお作りになりました。
中島さんは東大応援部の心根は部員は同じ目的を持ったあくまでも対等な仲間だと仰います。

その心は、
⒈相手を思いやる心
⒉相手に寄り添う心
⒊施すのではなく尽くす心
⒋宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の心(行って○○する心)
それは時代を超えた永遠の心です。

また、その仲間の関係は、
⒈縦の規律のなかに[横の心=応援の心]を添える
⒉緩やかでありながら強固に結びつく
⒊お互いが対等である
⒋肩組み合って夢を追い続ける
⒌大らかで牧歌的で自由闊達である
そんな世間が思う応援団のイメージとは似ても似つかない温かい人間関係です。

私は、私が関わる団体をそんな組織にしたいと思っています。

小林 博重

女神的リーダーシップで成功を目指す

京都美人との四方山話をしながらのランチを終え、12:55京都発の新幹線のぞみで帰途に着きました。
この土日はむくつけき親父達だけかと思いきや、若い女性たちとの交流も図ることができて、実に有意義な週末を過ごすことができました。

「21世紀は女性の時代」とはよく言ったものです。当に真実を突いています。
小池百合子さんに代表される「魅力と迫力を兼ね備えた才色兼備の女性たち」が増えています。OUEN Japanにも多くの女子学生がリーダーとして集まってきてくれます。

私が若かりし時代、組織のなかの女性はフリンジ的な位置付けでしかなかったものです。
まだまだ日本の現実は女性の活用が遅れていると言われますが、その解決策はそれぞれの組織で得手に帆揚げることでビジネスを展開すれば自ずから女性の活用は進むはずです。(ビジネス成功の手段として捉えるのではなく、Heart to Heartでお互いを理解することです)
それはなぜか。女性ならではの得手は決して男性は真似ができないからです。女性(女神的リーダーシップ)がトップでなければ勝ち目がないのです。そして、男性と女性の絶妙なコラボレーションは最高のコストパフォーマンスを発揮するのです。 私はこのことを私が関わるビジネスで実感しています。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
愚者ではあっても長年の七転八倒した苦い経験は身体全体に染み込んでおり、歴史に学ぶ謙虚さと素直さを加味して『小林博重独自の人生哲学』ができあがってきております。

賢者であるならば女性の「女神的リーダーシップ」で成功を目指すことです。

小林 博重

iPhoneから送信

応援精神を極める

昨日の関西七朋会で吉田佳世先生とご一緒し『応援』についていろいろ意見交換をさせていただきました。吉田先生は国立民族博物館の丹羽典生先生の奥様で日本学術振興会特別研究員PD(神戸大学)、専攻は社会人類学です。
「民博通信No.156」をいただきましたが、その号に「大学応援団におけるバンカラ文化と女子学生の参入」が寄稿されています。日本の応援団の歴史と現状が的確に述べられており、興味深く読ませていただきました。

私は大学生と留学生の応援団として3年前にNPO OUEN Japanを設立しました。私は高校時代から応援団に関わり本格的に東京大学で応援部一筋の学生生活を送りました。東京六大学(早稲田、慶應義塾、明治、法政、立教、東大)や旧七帝国大学(北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大)の応援団(部)仲間との交流は何物にも変えがたいものとして私の全人格を構成しています。
社会人になっても応援精神はビジネスのベースに潜在的に流れていました。その想いが顕在化したのが東大と東工大の国際交流宿舎建設に関わったことからでした。大学を卒業して社会に巣立つ大学生や留学生の応援団として何かできないか、私しかできないことがあるのではないか。それが私がこの世に生を享けたミッションなのではないかとまで思うに至りOUEN Japanを立ち上げたのです。 応援精神を私が直接的に具現化したものがOUEN Japanです。

そんなことで、吉田先生が述べていらっしゃる「[応援(support)]という視点から見えてくるもの」の記述はとても関心があるテーマです。

東大応援部には3S-spiritsがあります。
service、sacrifice、studyです。
私は、
service 奉仕→社会貢献、sacrifice 自己犠牲→活私奉公
study 勉強→人間修養
と意訳しています。
特にsacrificeの自己犠牲は私が滅したら何も貢献できないと思い己を活かし公(世のため人のため)に尽くすことは、私のなかでは応援の発展形です。それは、吉田先生が言うところの「応援が、黒子の心を持ちながらも自らを「演舞、テク」「チアリーディング」という形で積極的に表現する表舞台に登場する」ことでもあります。松尾芭蕉の『不易流行』の応援版と言えるでしょう。応援の進化・深化であり、浄化でもあると思います。

「男は黙ってサッポロビール」から「ダイバーシティ」「女神的リーダーシップ」へ。21世紀はそんな大きな潮流の時代ではないでしょうか。 私たちはその大きな流れに沿って、心ある仲間たちと手を携えて世の中を進化・深化・浄化させていかなければならないのだと思います。 そして、応援団(部)はその先頭集団として時代をリードしていく矜持を持ってもいいのではないか。

私は日々の活動を通じて、「利他の精神を持った応援哲学は必ずや時代をリードしていく」と強く確信するものです。

小林 博重

iPhoneから送信

関西七朋会

今日は大阪大学豊中キャンパスで『関西七朋会』が開催されます。昨年は京都大学吉田キャンパスでした。
阪大と京大の応援団OBが中心ですが旧帝大の校歌・学生歌・旧制高校寮歌を聴き、彼らと1年振りに再会し談笑できるのが何よりの楽しみです。

『七朋会』は私にとって、青春や学生時代を懐かしむこともありますが、これからの人生を青春の心意気で生きていこうと思う景気付けの会でもあります。当に、サミュエル・ウルマンの『青春』です。 3時間に及ぶ高歌放吟合戦ですが、これからの1年を元気で過ごせますようにと、お宮参りする心地です。

私は、今年11月の誕生日で満65歳になります。
75歳から高齢者と呼ぼうとの日本老年学会の提言があります。55歳が定年だった時代の定義ですから、定年年齢が65歳で一般化している現代にあっては、あと10 年は壮年と言えるでしょう。特に定年を自らが決めることができる独立事業者にとってみればお国が定義する「75歳高齢者」にも拘る必要はありません。 私は「生涯現役」、心意気は「永久現役、魂は永久に滅びない」の人生ですから、私の定年は棺を蓋う時だと思っています。

今日は、ピンピンコロリの人生を送ることができるように『関西七朋会』を楽しみたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

思いつくまま

「敬天愛人」「自然体」「自由奔放」「素直な心」「宇宙の流れに沿う」「自分自身を客観的に見つめる」「得手を活かす」「得手をブラッシュアップする」「信頼が置けるパートナーとのコラボレーション」「仲間を大切にする」「遊び心を持つ」「ゲーム感覚で楽しく」「義理と人情を大切にする」「人間として正しいことかどうかを考える」「相手が求めていることは何かを考える」「相手が欲していないことはしない」「世のため人のために尽くす」「心に余裕を持つ」「自然を愛でる」「相手の懐に飛び込む」「図々しさと愛嬌を併せ持つ」「オープンマインド」「利よりも義理を優先する」「ウォームハート、クールヘッド」「自分に厳しく、人に優しく」「生涯現役で働くことが認知症予防の特効薬」「ピンピンコロリが理想の生き方・死に方」「遊びたいとか休みたいとか一度でも思ったら、その時は死ね。それが人間だ」「深沈厚重第一等、磊落豪雄第ニ等、聡明才弁第三等」

朝目覚め、思いつくままに『如何に生きるか』自らのこれからの生き方に思いを馳せます。
ここ一週間は季節の変わり目か、天候不順で寒暖差が激しく風邪気味です。
この土日は関西出張です。
関西七朋会が大阪大学にて。ドーミーイン梅田東にて一泊。日曜日は京都にて京都美人とランチ。
全てのベースは健康です。まだまだ基本の基本ができていません。

小林 博重

iPhoneから送信

事業の成功と永続の肝

昔日から昨今までの私が関わる事業の経緯と顛末を顧み、名だたる哲人経営者の箴言を加味して、『事業の成功と永続の肝』は何かと考え、確信にまで至ったことは、「事業の成功・永続は、経営哲学(本質)と実績・実利(手段・ノウハウ)とのバランス」であるということです。

経営哲学の肝は、「利他主義」であり「恕の心」です。相手が何を欲しているのか、それに自分は何か応えられることはないかと考えることであり、自分がしてほしくないことは決して相手にしないことです。この肝を信条にしていないと一時の成功(と思えること)があってもそれは永続的に続かないものです。人さまが永続的に応援してくださいません。

しかし、如何に優れた経営哲学であっても、それは決して表層的なものであってはすぐ化けの皮が剥がれてしまいます。人がまず反応するのはその人の経営哲学ではなく自分の実利だと思います。これは人間として当然なことです。利己主義は利他主義の入口なのです。人は「利己主義でなければ、高い志の利他主義を貫く哲人経営者にはなることはできない」のです。

まずありきことは、相手が何を求めているのか、何をしてほしくないのか、を良く把握して、それに応えるパフォーマンスをすることです。

それがあって初めて、相手が「この人のお蔭で良いことがあった。この人と長く付き合うといいことが長く続くかもしれない。そもそも、この人がしてくれるベースに何があるのだろうか」と思い始め、それで、その人が堅持している「経営哲学」に思いが至るのです。

そして、そのような経験をした人たちは、その人の「パートナー」「協力者」「ファン」になってくれるのだと思います。

事業の成功と永続の肝は案外そんなところにあるのではないでしょうか。あくまでも自然体でざっくばらんが一番です。そして、多くの人を巻き込んで成功の味を分け合う度量を持つことですね。

小林 博重

実業社会の大人

5月16日に記した「実業社会の大人=理想のリーダー像」について、補足します。

福沢諭吉は、

1.思想の深遠なるは哲学者の如く

2.心術の高尚正直なるは元禄武士の如くにして

3.これに加うるに小俗吏の才をもってし

4.更にこれに加うるに土百姓の身体をもってして

初めて実業社会の大人たるべし

と述べています。

同様に、中国明代の思想家である呂新吾も「リーダーの資質」について著書『呻吟語』のなかで、
1.深沈厚重なるはこれ第一等の資質

2.磊落豪雄なるはこれ第二等の資質

3.聡明才弁なるはこれ第三等の資質

と述べています。

実業社会の大人の資質として必要とされる「土百姓の身体」とは、リーダーの資質以前の問題で、人間、健康が優れていなければ何事もなしえないということです。リーダーではなくとも人生を生きるには健康第一ということです。では、リーダーの資質とは何か。福沢諭吉も呂新吾も同様なことを述べているのです。

1.リーダーとして一番重要な資質とは、常に深く物事を考える重厚な性格が必要であり、それは生きる哲学を持っているということです。福沢諭吉はそれを「深遠なる哲学者」と言い、呂新吾は「深沈厚重」と言っています。

2.次に重要な資質として、福沢諭吉は「心術が高尚正直」と言っており、呂新吾は「磊落豪雄」と言っています。意味するところは少し違いますが、「心根が美しく、何事にも拘らない器量人であり、誰にも好まれる人徳ある人」と言うことでしょう。

3.第三の資質について、福沢諭吉は「小俗吏の才」と言い、呂新吾は「聡明才弁」と言っていますが、これは「才覚」「才能」「雄弁」「頭脳明晰」と言うことです。

この歳になると客観的に自分を見ることができるようになります。与えられたミッションを果たすためには残りの人生で何を磨くべきか。

私が考えるに、第三の資質を磨くことは、高齢者の一歩手前の私にとってコストパフォーマンスの観点からあまり高いものではありません。第三の資質は、その才覚・才能を持った信頼がおける人物をパートナーに持つことでカバーできると思っています。

私が磨くべきことは「如何に生きるか」「如何に働くか」を極めることであり、人間として正しい生き方を貫き通すこと。この二点だと思っています。

小林 博重

OUEN学生リーダーに仲間が加わりました

OUEN Japanの仲間が1名増えました。

昨日、大石惠津子さん(OUEN専務理事)と二人で、黒田琴音さん(お茶の水女子大学1年生)と青山事務所にてお会いしました。大石さんからのOUEN Japan の活動内容説明に始まり、来年2月開催の【OUEN塾in福岡】と5月28日のキックオフミーティング趣旨説明に至るまで、約1時間半の面談でした。

黒田さんは18歳のfreshな1年生。京都出身の清楚で端正な京都美人です。高校時代は10か月間カナダに留学していたとか。お母上がOUEN Japanのホームページをご覧いただいたのがご縁だとか。1年生のリーダー1号です。そして、黒田さんの最初のOUEN活動は、5月27〜28日の福岡での【OUEN塾in福岡】キックオフミーティングの参加です。

黒田さんが加わって、現在のところ、OUEN学生リーダーのメンバーは5名になりました。

1. 村元瑞央さん 慶應義塾大学4年生

2. 吉川香蓮さん 上智大学4年生

3. 丹羽和嘉子さん 明治大学4年生

4. 吉田梨紗さん 慶應義塾大学3年生

5. 黒田琴音さん お茶の水女子大学1年生

今回のキックオフミーティングは村元さんと丹羽さんが就職活動の関係で残念ながら不参加になりました(来年2月のメインイベントには是非とも参加いただきたいと思います)。しかし、熊本からOUEN学生リーダーOGの西岡伶莉さん(慶應義塾大学OG)が参加してくださいます。これでキックオフミーティングの参加OUENリーダー

は4名になりました。

【OUEN塾in福岡】は、福岡で学ぶ日本人大学生と留学生を中心として約100名が参加して福岡の企業(さまざまな業種の経営者、経営幹部、先輩社員との交流)を訪問するイベントです。来年2月が第1回で毎年継続していきます。

キックオフミーティングは、そのリーダーとして20名を目途として福岡で学ぶ大学生・留学生を募りました。昨日現在で20名を超す福岡の大学の学生さんからの参加希望があります(日本人大学生と留学生は半分半分)。

イベントの成功のポイントは、学生から企業に向けた積極的アプローチが必須です。有意義だ、面白いとリーダーの皆さんが思わなければ仲間が集まってきてくれません。日本人学生と留学生の意見は同じではないと思いますし、ディスカッションを重ねて、いいスタートを切りたいと思います。SNSの活用、リーダーとのプレ会社訪問等、イベント開催までの半年で有意義な活動をしていきたいと思います。

福岡がスタートで、首都圏をはじめとして、OUEN塾を全国に拡げていきたいと思っています。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

小林 博重

「実業社会の大人(たいじん)=理想のリーダー像」とは

昨日、稲盛和夫さんの講演集(CD)で『人を導く』を拝聴しました。その中で、稲盛さんは、福沢諭吉先生の箴言(「実業社会の大人(たいじん)=理想のリーダー像」)について語っていらっしゃいます。

思想の深遠なるは哲学者の如く

心術の高尚正直なるは元禄武士の如くして

これに加うるに小俗吏の才をもってし

さらにこれに加うるに土百姓の身体をもってし

初めて実業社会の大人たるべし

何よりも『人を導くリーダー』たる者に大切なことは「人間とは何か」「如何に生きるか」「何を成すためにこの世に生を享けたのか」を生涯自らに問い続ける哲学を持たなければならないということでしょう。

それに続いて、心根は真っ直ぐで正直であること。人として恥ずかしくない生き方を貫くことです。

昨今の小役人のような「そつなく物事を進める才能」は生きていく上では必要不可欠であると思いますが、それは深い哲学と美しい心根があってこそ意味があるものであり、この2つなくしてリーダーの資格はないということです。

最後に、何事を成すにも頑健な身体がなければ想いは無に帰すということです。リーダーは絶えず自らの健康に留意し、天が与えてくださった「ミッション」を果たすべく精進努力を続けなければならないのです。

昨今の一連の政治家の不祥事やレベルの低い発言を耳にするとき、エリートとして日本を支えていかなければならない立場にある彼らは福沢諭吉先生のこの箴言をどう思って聞くのかと思わざるを得ません。

私は一介の市井の小市民ですが、この箴言を「自らの生き方の理想形」として邁進の日々を送りたいと思うものです。

小林 博重

灯台下暗し・・・しっかりと足元を見つめ直すこと

生憎の曇り空でしたが、日曜日の今日は、早朝7時から9時半まで、初めてのコースのウォーキングを楽しみました。沖縄は梅雨入りしたとかで、あとわずかで東京も鬱陶しい梅雨に突入です。

今日のウォーキングは、
外苑前(南青山)
青山通り_1 青山通り_2 青山通り_3
〜青山霊園(南青山)
青山霊園_1 青山霊園_2 青山霊園_3 青山霊園_4

〜根津美術館(南青山) 〜山種美術館(渋谷区東) 〜聖心女子大学(渋谷区広尾)
根津美術館 山種美術館 聖心女子大学

〜恵比寿駅(渋谷区恵比寿)

〜氷川神社(渋谷区東) 〜金王神社(渋谷区渋谷) 〜豊榮稲荷神社(渋谷区渋谷)
氷川神社 金王神社 豊榮稲荷神社

〜青山学院大学(渋谷区渋谷)
青山学院大学

〜外苑前(南青山)のコースです。
青山通り_4 青山通り_5

青山霊園は墓地とは思えない緑豊かな都会のオアシスです。初めて美智子皇后陛下のご卒業された聖心女子大学(の門前)に行きました。そして、渋谷に由緒正しい神社がいくつもあることにちょっと驚きました。

「灯台下暗し」「青い鳥」そんな諺や童話が頭を過りました。

身近なところに大切なことがある。それを気づかず人生を送っていることが間々あります。まずは足元を確りと見つめ直そうということでしょうか。

私の生き方は年中無休が基本ですが、それでは弦は張りっぱなしでプツンと切れてしまいます。

私は、事業を継続することや人生を長生きすることはそれが目的ではなく、それは何かを果たすための手段にしか過ぎないと思っています。しっかりと目的を持って仕事をすること、長生きをすることです。

日曜日と言う安息日は、過ぎた1週間の謙虚な反省と、これからの1週間の無駄のない計画の策定をするなくてはならない1日なのです。

来週は7日間とも仕事が詰まっているちょっとハードな1週間になります。一層健康に留意し、有意義な仕事ができる体力・気力の充填に心掛けたいと思います。

小林 博重